2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
a
  • 若狭湾観光株式会社
  • 〒917-0081
    福井県小浜市川崎1丁目3-2
  • TEL 0770-52-3111
  • 公式インスタグラム
  • 公式ツイッター
  • 公式Facebookページ
 

トップ > 工芸品 > 【古代若狭塗】磯時雨 20.5cm

【古代若狭塗】磯時雨 20.5cm

天然木 漆
箸先/本乾漆
商品コード : cc70101
製造元 : 螳豼
価格 : 21,600円(税込)
数量
 

商品のご紹介

≪若狭塗 WAKASANURI≫

古来、若狭の恵みと京都の雅をつないできた、鯖街道。
行き交ったのは、四季折々の海の幸と、
京の文化と、そして若狭塗の逸品たち。
ときに宝石塗りと呼ばれる貝や卵殻、
松葉や菜種などを使いこなした模様の見事さを、
いまに息づかせ、デザインバリエーションをひろげました。


 

●「一双」ブランドについて

一具、一揃、一膳、そして一双。
箸の数え方には、
それらの漢字一字一字に込められた趣があります。
若狭に受け継がれているこだわりを、
他産地にも求め拡げ続ける「一双」ブランドの歩みもやがて十年・・・。

多彩な「一双」が新たな定番となる喜びがとどまることなく、
コレクションのさらなる充実を目指します。

 

●「若狭塗」について

誇りたいのは、四百年前から
受け継がれていることではなく
いつも未来を見据え続けていること。

塗箸の九割近くが、若狭という
一つの地域でつくられているという事実。
日本全国、それは隅から隅まで
塗箸が使われていることを考えると、
なんとも驚異的なことだと誇らずにはいられません。

そこには、ちゃんと理由があります。
例えば、若狭塗箸を特徴づけている「研ぎ出し」という伝統の技。
例えば、裾野の広さ、あるいは懐の深さとも言える、
製品群の質量両面に及ぶ多彩さ。
そして何より、伝統を守りながらも、未来への変化をいとわない職人魂。

それぞれの今を呼吸しながらも、
けっして時代に媚びることなどなかった、若狭の塗り。
若狭を誇り、若狭にこだわる「一双」もまた、
今を息づかせながら、今にとどまることなく歩み続けます。